10月11日 マッカーサーと会う

 幣原がマッカーサーと初めて会ったのは、組閣を終え、内閣を成立させた10月11日のことだった。会談は夕方5時から始まった。
「今日,会談をもつにあたって、日本政府に希望することを申し述べる。決して無理なことをいうつもりはないが、貴方にはあるいは性急に聞こえるかもしれない。もし無理または実行不可能と考えられるものがあれば、遠慮なくご指摘いただきたい。」
 マッカーサーは幣原との会談の冒頭から、あらかじめ準備しておいたペーパーを見ながら、いきなり本題から入り次のように続けた。「ポツダム宣言の実現にあたっては、日本国民が数世紀にわたり隷属させられてきた伝統的社会秩序は是正されなければならない。右のことは疑いもなく憲法の自由主義化も包含している。
 日本国民はその心理を事実上奴隷化する日常の生活に関してのあらゆる形式における政府の秘密審問より解放され、思想、言論及び信教の自由を抑圧するあらゆる形式の統制より解放せられるべきである。能率化の名を借り、またはその必要を理由としてなされる国民の組織化は政府のいかなる名においてなされるものも、一切廃止されることが必要である。
 このような諸要求の履行、及び諸目的の実現のため、日本の社会制度に対して次のような諸改革を日本に同化しうる限りできうる限り速やかに実行することを期待する。
 1、参政権を付与し、これにより日本の婦人を解放すること。 婦人も国家の一員として各家庭の福祉に役立つべき新しい政治の概念をもたらすこと
 2、労働組合の奨励。労働に威厳を付与し、労働階級が搾取と濫用より、己を擁護し、生活程度を向上することができるように大きな発言権を与えられるようにし、これとともに現存する幼年労働の悪弊を是正するために必要な措置をとること。
 3、学校をより自由主義的な教育のために開放すること。これで国民が事実に基礎づけられた知識により自身の将来の発展を形成することを得、政府が国民の主人ではなく、使用人であるという制度を理解することにより、解答するを得ること
 4、秘密の審問の乱用により絶えず恐怖を与えるような組織を撤廃すること。ゆえに専制的、恣意的かつ不正な手段より国民を守る正義の制度をもってこれに代えること
 5、日本の経済制度を民主制度化し、もって所得並びに生産および商業手段の所有権を広く分配することを保障する方法を発達させることにより、独占的産業支配を是正すること。目下の行政部面については国民の住宅、食糧、衣料の問題に関し政府が力強く、しかも迅速なる行動に出て疾  病、飢餓その他重大な社会的政局を防止することを希望する。今冬は聴きたるべく来るべき困難克服の道はすべての人々を有効な仕事に就業せしむるのほかにはない。」
 ここまでマッカーサーが伝え、ひといきおいたとき、幣原は、すぐに英語で反応した。「只今、元帥の御意見として承った5項目のなかであるものは組閣早々の閣議においてもすでに考慮して決定しているものもあります。担当の大臣に相談の必要はありますが、五項目を通じてさしあたり実行不可能と思われるものはなく安心した次第です。 
 第一の婦人参政権の件は、すでに政府においてはこの実施を決心し、閣議において内定をしております。選挙権の問題については次の順序で事を運ぶ予定です。すなわち現議会は、選挙後数年を経過しており、民意を反映しているものかどうかは、疑いがあり鮮やかではないので現在の民意を反映させるために解散に進みたいと考えます。解散にあたっては現行の選挙法をもってしては実際の選挙を行うことはできないのではないかと思われることがあります。たとえば、戦災により疎開もしくは転居している家庭が多数あること、記録を喪失している役場が明らかではないなど事実があるだけでなく、真の民意を議会に反映できるようにするためには、現行制度には不適当な条項もあるようです。婦人参政権がないこともその一つです。これらの改正を行うに当たり、当面の快晴だけを取り上げて根本的な改正を他日に譲るかどうかの問題があります。苦心を要する所です。政府としてはなるべく、根本的改正を考えてみているが、これを許さず当面必要であるため、改正を加えて近々改正を加えて臨時議会に提出し、同意を得ればなるべく早く議会解散しこれによって選挙を行う考えであります。貴下に対しこの際一言言っておきたいことは、従来の日本の選挙においては、直接間接に何らかの政府の干渉がないこともないような印象をもつことも多く、そのために当選した議員にしても官選議員との悪評を得たるものもありました。今夏の選挙においては、政府は絶対不干渉の方針を実行する固い決意を有しており、最も自由かつ公正なる民意を反映したいものだと、祈念しております。」
 マッカーサーが英語で述べたことに幣原は完全に理解し、さらに英語で反応していた。マッカーサーは幣原の流ちょうな英語の語学力におどろいたことも含めて、
「まったくエクセレント(すばらしい)な考えである。ぜひともそのように実行させられたい。これは日本のために最も健全な方向と思う」
と、賛意を表した。さらに続けて幣原は英語で、
「次に労働組合組織化の問題は、私が十数年前閣議に列しているころ、議に上ったことはあるもののある事情により行われなかった問題です。今日においてはこれの実現に大変な困難があるとは考えない次第ではあるが、具体的には担当閣僚と相談を要すると考えます。
 学校において自由主義的教育を施すようにしたいとの御希望の点についてこれまた閣議において決定を見て、政府はその方針を昨日発表した次第です。主義として政府においてもなんら異議のない問題です。
 次に秘密審問およびその濫用により人民に恐怖の念を与えている制度を廃止しこれに代わる公正な制度正義を行う制度をもって施与との御主旨は当然のことです。具体的方法は当面の閣僚に考えてもらうつもりであるが、方針そのものについては政府はこれの実行を決意している次第です。
 日本の産業について、現行の独占的支配が行われている事態を改めることを要す、との御主旨についてはいかなることを実際問題として考えておられるのか、不明の点があります。すなわち現在の独占的支配なるものが、我国現行の法律制度の定めるところとして存在しているとは考えられず、あるいは大工業家が、自己の努力または設備により実際問題として他の競争を許していないものによるものかもしれないが、これをいかに改正するか、直接法律の規定する結果ではないとすれば、ただちに考えが及ばないものです」
といった。これを聞いたマッカーサーは
「本件は、自分も十分には了解していない。たぶんアンチトラスト法のようなものを制定するべき問題ではないだろうか。もっとも英国ではこれとは別の法律あるようである」
という。
「実はアンチトラスト法とか、これに類似の英国法律などの原文が現在日本においてただちに入手可能かどうか思い当たらず、自分はかつてこれを所有していたが、戦災によって焼失した。官庁もしくは図書館に保存していた文書も焼失したと思う。」
と幣原が言うと、
「さっそくアメリカより取り寄せる」
とマッカーサーは応答する。さらに幣原は
「日本の衣食住の問題を早急に解決し、病気その他の社会的惨禍を速やかに予防せよとの点、そのためには衣食住に関係ある労働力を十分に働かしむる必要があります。今日、この方面に必ずしも勤勉かつ懸命に労働力が動員しておられる模様である、という御意見については、まず次の二点に考慮を要す、と考えています。
 その1は、今次の戦争において日本の軍隊の完全なる敗北と、文官官僚のヘマ続失により、日本が今日の惨禍を招いたことについては国民全部が十分に認めるところでありますが、その結果として多数の国民は、国運の将来を悲観し、自暴自棄に陥るか、あるいは茫然自失の状況にあり、精神的に枕淪の極みにあるわけであり、この点アメリカ国民のような戦勝国民とは異なるところがあります。これらの人々に対しては希望を将来に与えて、奮発できるような手段を講じるべきところでありますが、彼らに奮発心を起こさせると言っても必ずしも容易なことではないと考える次第です。
 その2は物質的に見て生産原料窮乏の状況は甚だしく、原料をいかに調達するか、支払方法をいかにするかの難問がある。これらの決定を見ずしては早急に事業を復活しても、中途挫折することもあるでしょうし、だから事業化も労働者も躊躇している事情も考慮しなくてはなりません。
 いずれにせよ本問題は政府としては黙視しうるところではなく、何らかの方策を講じて国民に奨励を与えて『ユーシフル・ワーク』(有用な仕事)に『フル・エンプロイメント』(雇用の促進)を用いるように極力努力する決心です。
 なお以上、元帥の希望している五項目全般につき、日本側として困難はあるがこれの排除は不可能ではなく、見当をつけられるものと考えられ、喜ばしい次第です。ただしここに一言したいことであるが、政府はいったん引き受けたことは、他日これをごまかして責任を逃れんとするような意志は毛頭なく、速やかにこれを実行していこうとする堅い決意を有している。今日まで貴下において日本人との間にあるいはいかなる経験を経られたのか承知しているが、この点は御安心願いたい」
という。マッカーサーは
「その言葉を聞き、大変喜ばしいくことです」
と答える。幣原は、
「以上、大体の御主旨は日本の各般の制度を民主主義化ならびに自由主義化すべしとの御意見と考えます。しからば実際に私が内閣に列していた12,3年前には事実このような潮流が日本に流れていたものです。その後、満州事件が起こってこの潮流が逆転し有害な勢力がときの勢いを許すことになり(malign influence was allowed to prevail)、民主主義的潮流は阻止されました。けれども最近の時局急転によりこの阻害する原因が全く除去せられるにいたった以上、日本はすでに十数年前から芽を出した方向に向かい、再び前進を開始すること、困難ではないと期待しております。
 ただし、その民主主義化と称し、自由主義化と称する意味はいかなるものなのでしょうか。民主主義、自由主義の適用は各国おのおの異なるところがあると考えます。たとえばアメリカのデモクラシーはイギリスのデモクラシーと異なります。ソビエトが主張するデモクラシーはさらに異なります。したがってもし元帥閣下が、日本に対しアメリカと同様のデモクラシーを期待しているのならば、その実現の時期を期することは容易ではないと認められます。しかるに一般大衆の意思を尊重してこれを反映する政治上の主義を意味するならば、これはすでに20数年前に萌芽を見せていることもあるものであって、これの実現を見るは遠い将来のことではないと考えます。日本において『デモクラシー』が成功する以上は日本国民が長い期間おかれてきた環境に適合するものではないということではありません。主義の目的とするところは、民意の反映にあるのであるが、形成は日本的『デモクラシー』となるものと考えます」
「このことは至極もっとものことである。あなたがかつて局にあたりおられたる時代の状況については自分も同様の情報を与えられている。これが、『インターラプト』(阻害、中断)されることがなかったならば、今日の事態には立ち至らなかった。この点からも新政府の成功を望むものである」
とマッカーサーは述べ、会談が終わった。ここまですべて英語だけの会談であった。
 以上のことは日本国憲法の成立というホームページを参考にして書いたものである。
 マッカーサーは、新首相が英語でコミュニケーションがをとることができることを知って、これからの会談がよりスム
ーズにいくものと安心した、と思われる。

                           トップページに戻る

inserted by FC2 system